読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3分で役立つ!健康情報通信

健康・美容についての情報を発信します。

メニュー

耳鳴りはどうして起こるのでしょうか?

耳の病気・症状

f:id:IORI627:20161221122736j:plain

耳鳴りは、「キーン」というような不快な雑音が続き、他人には分かってもらえず悩んでいる人も多いようです。病院に行っても「原因不明」といわれ、歳だからと諦めてしまいがちです。

音が聞こえる仕組みについて

音の振動は、外耳道(がいじどう)を通り鼓膜(こまく)を震わせて耳小骨(じしょうこつ)に伝わった後に、蝸牛(かぎゅう)に届きます。

蝸牛の中は、リンパ液で満たされており、空気の振動として伝えられた音は、蝸牛で液体の振動へと代わります。

リンパ液が振動すると、蝸牛にある有毛細胞を興奮させ、脳幹を経由して大脳の聴覚野に伝わって、はじめて音として私達は認識します。

耳鳴りはどうして起こるのでしょうか?

耳鳴りの原因は様々です。主に下記の原因が考えられます。

  • 加齢
  • 疲労
  • 難聴
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 大音量などで耳を痛めてしまった場合
  • 自律神経が乱れて血流が滞ってしまうことで起こる場合
  • 高血圧や糖尿病などの疾患がある場合

 一時的な耳鳴りは、普通の人でも起こりますが、持続したりひどい場合は注意が必要です。