3分で役立つ!健康情報通信

健康・美容についての情報を発信します。

メニュー

花粉症と風邪の症状の違い

f:id:IORI627:20170214122952j:plain

もうすぐ春ですね。花粉症で悩んでいる人にとっては憂鬱です。4人に1人が花粉症だといわれており、年々増加傾向にあります。

花粉症と風邪の初期症状は、よく似ていますので、違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

 

花粉症とは?

スギやヒノキなどの花粉が原因で、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状のことを「花粉症」と呼びます。

症状は、目と鼻に現れるのが特徴で、一番多いのが「鼻水・鼻づまり」です。他は、「目のかゆみ・充血・涙目」「くしゃみや咳」などがあり、微熱や倦怠感、体のかゆみなど全身に症状を伴うこともあります。

花粉症のメカニズム

私たちは、体内に「花粉」という異物が進入しようとすると、それを受け入れるかどうか判断します。体が「排除」という選択をすると、体は花粉と反応する物質をつくります。その物質が「IgE抗体」です。抗体ができた後、再度花粉が体内に侵入すると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。それにより、肥満細胞からアレルギー反応を起こす物質が放出され、花粉を出来るだけ体内から追い出そうとします。花粉を追い出すために、くしゃみで吹き飛ばしたり、鼻水や涙で洗い流して防御しているのです。

花粉症と風邪の違いは?

花粉症と風邪の初期症状は、よく似ているので、風邪だと思っていたら、花粉症だったという人も多いようです。

花粉症と風邪の違い
症状 花粉症 風邪
鼻水 サラサラしていて水っぽい ねっとりしている
目のかゆみ ある なし
くしゃみ 連続で何度もでることが多い 連続することはあまりない
ない
又は
微熱程度
ある

スポンサーリンク

 

広告を非表示にする