3分で役立つ!健康情報通信

健康・美容についての情報を発信します。

メニュー

その症状は、花粉症ではなく寒暖差アレルギーでは?

f:id:IORI627:20170216124413j:plain

「寒暖差アレルギー」という言葉を耳にしたことがありますか?その名のとおり、寒暖差が激しいことで起こるアレルギーです。風邪のような症状で原因不明の体調不良は、もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。

スポンサーリンク

 

寒暖差アレルギーとは? 

季節の変わり目は、朝晩冷え込んで日中との気温差が激しいものです。また、夏や冬は、屋内と屋外の差が激しくなります。このように、気温の変化や激しい温度差による鼻水やくしゃみなどの症状を寒暖差アレルギーといい、別名「血管運動性鼻炎」といいます。

寒暖差アレルギーの原因

アレルギーといっても、寒暖差アレルギーの場合は、アレルギー物質によって引き起こされるものではありません。

気温差が7度以上になると、体の体温調整機能が追い付かずに、自律神経が乱れてしまいます。その自律神経の乱れにより、アレルギー症状がでるのです。

寒暖アレルギーの症状

寒暖差アレルギーの代表的な症状は、鼻水・くしゃみです。他には、咳や頭痛、倦怠感などの症状があり、風邪や花粉症に似ているので間違いやすいです。また、肌の痒みや蕁麻疹を伴うこともあります。

寒暖差アレルギーと風邪・花粉症の違い

風邪との違い

風邪との違いは、まず鼻水に違いがあります。風邪の場合は黄色でねばねばしており、寒暖差アレルギーの場合はほぼ透明でサラサラしています。

寒暖差アレルギーは、喉や扁桃腺が腫れておらず、発熱がないのも特徴です。 

花粉症との違い

花粉症との違いは、寒暖差アレルギーには、目の痒み・充血・涙目が無いことです。

寒暖差アレルギー対策

寒暖差によって起こるので、温度差を無くすことがポイントになります。屋内と屋外で気温差が激しいときは、衣類で調整して温度差を小さくしましょう。マスクをするのも良いです。

筋肉の少ない女性の方が、寒暖差アレルギーになりやいので、適度な運動をして筋肉をつけ、体の体温を保ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

広告を非表示にする